HOME>イチオシ情報>家賃を延滞した時の保証金や立替え金などが保証されます

あらゆる保証がついてきます

住宅模型

借主が万が一家賃を延滞したとき立て替えをするのが家賃債務保証です。家賃債務保証会社は連帯保証人とする代わりに借主から保証料を受け取ります。利用者が代わりに利用するだけでなく、不動産会社指定の会社に加入する場合もあります。家賃債務保証会社が保証する内容は主に4種類です。もっともメインとなるのが借主の延滞による立て替えによる家賃保証です。貸主が代わりに会社に家賃を回収するなら賃料回収代行があります。家賃の不払いが続き、訴訟に発展したら訴訟費用が必要になります。裁判のときの訴訟費用負担も家賃債務保証会社が行います。退去した後、次の入居者に貸し出すには原状回復を行わないといけません。残置物の撤去や内装の修復などにかかる原状回復費用も保証してくれるでしょう。

代わりとして使われている理由

マンションやアパートを借りるときは連帯保証人をつけるのが通常です。借主本人と同等の支払い能力を持つ親族などを必要とされています。しかし、高齢化や核家族化により借主の事情は変わっています。親が高齢で安定的な収入が不安となったり、頼めるような親族がいない方が増えたためです。そのため、家賃債務保証会社にお金を払い代わりに頼むという仕組みが生まれました。これなら連帯保証人を持たなくても賃貸住宅が借りやすくなります。オーナーは家賃債務保証会社を持つことにより家賃滞納リスクが軽減されます。管理会社は滞納した時の仕事も外注できるのでお互いニーズが満たされています。

審査もあります

家賃債務保証が保証するのは金銭になります。入居者の生活態度や近所トラブルがあっても家賃債務保証会社に相談するのは難しいです。大家さんは借主が住まい手としてふさわしいかをきちんと判断しないといけません。家賃債務保証は申し込めばすぐ契約ではありません。申し込みのあった借主の滞納リスクを調査して審査に通れば家賃債務保証契約を結びます。保証料は契約時のみの場合もあれば家賃の数パーセントに含まれる場合もあります。審査は過去のクレジットカードの延滞など簡単な方法で判断されます。

広告募集中